高性能な家

「LIFE in+」ライフインプラス
「くらしを彩る家づくり」
住宅性能を追求した、高性能な家づくりに取り組んでおります。
なぜ、住宅性能を追求するのか?
柏崎・上越の真冬の朝でも、ベッドから気持ち良く起きられる。
一年中、薄着や裸足で過ごせる、この上のない心地よさ。
こんな夢のような家があるのをご存知ですか?
快適性の根拠となる断熱性能(UA値)と気密性能(C値)を一邸一邸計算し、実現することにより、嘘偽りのない本当の快適性をご提案致します。
断熱性が高いと、少ないエネルギーで室温を一定に保つことができ、気密性能が高いと花粉の侵入や、カビ・ダニの発生もしづらいため、家族の健康はもちろん、家の性能も長く保たれます。

サーモグラフィー

サーモグラフィ

より高断熱、より高気密の住まいは部屋の上下温度差がほぼ見られません。

LIFE in +建築モデルハウス室内の温度計測結果

1月2日おんどとりグラフ

2020年最も気温が下がった日の温度計測結果です。リビングエアコン1台20℃設定で稼働。リビングから一番離れた寝室でさえも部屋間温度差は概ね3℃以内に収まりました。

 
また、高性能な住まいに住むことで健康改善がみられるとの研究結果も発表されています。
全館空調と相まって、空気に敏感なお子様をお持ちの方や喘息持ちの方に特に支持されています。暖房はエアコン1台のみでまかなうため、長い目で見た時のランニングコストも大きな差となって表れてきます。
LIFE in +は建てて終わりではない、将来の家族の本当の幸せに寄り添ってご提案してまいります。

疾患改善

疾患改善

空気質に起因する症状、肌荒れ、女性にうれしい手足の冷えにも効果があるとされています。

国の基準レベルとの水道光熱費の比較

国の基準レベルとの水道光熱費の比較

国の基準レベルの住まいとは35年で700万円以上のランニングコストの差があります。


の家づくり